2度目の春

今、ちょうど1年前の日記を読み直しました。

2008年の2月3日は、
ずっと雪が降っていたみたいです。



そして、雪は積もって、
4日の立春を迎えていました。

思い出しました。
去年の今日を。



去年の今日を思い出すことは、
おととしの今日を思い出すこと。



忘れられない、忘れちゃいけない、

忘れられるわけもないこと。


大切な人とお別れをした日です。



去年は白と紫。
今年は白と淡いピンクにしました。

これは、私のためのお花でもあるんだ。




お父様から、
今年もお電話をいただきました。


去年よりも、
話題が少し明るかった。

それだけで嬉しかった。

私のことを、覚えていてくださった。
そして、これまでのことを喜んでくださった。

お礼を言いたいのは私のほうです。
彼にもらったたくさんのことがあるから。


ありがとう。



楽しい記憶ばかりを思い出しているワケじゃなくて、
彼との記憶には楽しいことしかないんだって気がつきました。


照れくさくって嬉しくて楽しかった記憶ばっかり。
いいとこどりのズルイ奴でした。

いつも振り回されてばかりだった。

あの駅前で、
彼の家の方向を見るクセはずっと抜けないと思います。

それでいいし、
そうありたいと思っています。



今日は、あれから2度目の2月4日です。うん。
今年は1度は直接会いに行きたいって思ってるよ。
[PR]
by atome0624 | 2009-02-04 01:34 | つれづれまいにち。
<< ちょろっと 明日は立春 >>