いにしえの恋文

e0122470_21392593.jpg

こんなこと、はじめてみましたww

「えんぴつで書く、いにしえの恋文」

100均に行ったらポンと置いてあって、急にやりたくなっちゃったww笑
昔は無理やり習字とかやらされてて大っ嫌いだったけど、
今は学校に提出する書類・レポートから日記(ブログ)に至るまで、手書きってほとんどないから、
字を書く機会ってすごく少ないよね。

それでもやっぱり字がきれいだと嬉しいし、逆に汚いと恥ずかしいし、
漢字とかもやっぱりさ。読めても自分で書かないと忘れちゃいそうだから…
毎日少しづつやろうかなって。
とりあえず今日は2ページ進んだ☆鉛筆なんか何年ぶりに買っただろう(笑

でも面白いかも。

徒然草とか御伽草子とかあったけど、「いにしえの恋文」を選んだのは…
昔の古風な表現方法が、歌詞を書くのに勉強になればいいなって感じたから♪♪

万葉集とかから恋文を引いてきてるけど、
だいぶ情熱的で素敵ですよwwww


古典は嫌いだけど、このくらいなら続けられそ。
頑張ってみよ(´∀`*)


━我を待つと君が濡れけむあしひきの 山のしづくにならましものを
(※訳:あなたが私を待って濡れたとおっしゃる山の木々のしづくに、私がなれたらよかったのに)

上品で麗しい日本語を読み書きして、ワンランク上の女性を目指します☆
[PR]
by atome0624 | 2008-04-11 21:39 | つれづれまいにち。
<< すいみん アジア、雨、薄着 >>