外は白い雪の夜

さぁ果たして予報どおりになるのか注目の今夜。

雪が降るとなんだか嬉しいのは、まだまだ自分が子供な証拠でしょうか…

さっき外に出たときは、まだうっすら月が見えるくらいの薄雲だったから、
振り出すのは夜中かな~。。。


そうそう。
ちなみに今日のタイトルになってるのは、
吉田拓郎の曲なんです。
「外は白い雪の夜」

22歳そこらの小娘が、
なぜ吉田拓郎??笑

バイト先でよくこの曲を歌うお客様が居て、
それで覚えた曲なんですが……

泣けるんだよ。。。


歌詞にはいざまさに別れようとする男女の様子が描かれた歌で、
1番は男性側、2番は女性側、3番はまた男性側…と交互に心情が描かれてます。


大事な話が君にあるんだ
本など読まずに今聞いてくれ
(略)
感の鋭い君だから
何を話すかわかっているね

傷つけあって生きるより
なぐさめあって別れよう
(略)


あなたが電話でこの店の名を
教えたときからわかっていたの
今夜で別れと知っていながら
シャワーを浴びたの悲しいでしょう
(略)


女はいつでもふた通りさ
男を縛る強い女と
男にすがる弱虫と
君は両方だったよね
(略)


あなたの瞳に私が映る
涙で汚れてひどい顔でしょう
最後の最後の化粧するから
私を綺麗な思い出にして

席を立つのは あなたから
後姿を見たいから
いつもあなたの影を踏み
歩いた癖が直らない


だから Bye-bye Love
外は白い雪の夜
Bye-bye Love
外は白い雪の夜




これをね…
オジサマ方が歌っちゃったりなんかすると、
もう渋くて…本当に…

素敵だなって思います。


歌ってぜったい年輪を重ねた深みみたいなものも出るから、
私たち若造には出せない味があるんです。

失礼かもしれないけど、決して上手くは無い人でも、
こっちは涙が出てしまうときがある。


仕事中にこっそり感情移入して泣いたことのある歌のひとつですww
別にこういう状況にあったことはないんですけどね(笑



オジサマとお話しすることも多いこのバイト…
(何度も言いますがキャバ嬢じゃないからね!!カラオケのあるバーのウエイトレスですw)

自分より倍以上の年齢を重ねた方々との会話って、
身になることも多くて貴重な場所だなって思います。

昔流行った曲を教えてもらうことも多いしね!


おかげさまで、「懐かしの名曲」とか言われるものも多く知っていますので、
よく言われます。

「本当に20代!?!?!?笑」
「年齢ごまかしちゃだめだよ!!!笑」

20代だっつーのww笑






さて。

雪、降るかな。。。


Bye-bye Love...lululu...
Bye-bye Love...lululu...
[PR]
by atome0624 | 2008-01-20 22:32 | つれづれまいにち。
<< 死にそうだった honey and clover >>